内祝いのあれこれ|結婚祝いのお返しや内祝いにはプレゼントを贈ろう

あまり知られていない内祝いの種類をお伝えします

内祝いのあれこれ

内祝い

初節句や七五三祝い

3月3日は桃の節句があり、5月5日には端午の節句、初節句が内祝いがあります。節句月までに初節句のお子さんの名前を入れた内祝いを贈ります。七五三祝いは、基本的にお返しをしなくてもいいですが、千歳飴などを謝礼とし、表書きにお子さんの名前を書いて内祝いを贈ることもあります。お返しの期間は、七五三祝いをした一週間以内がベストです。

銀婚式・金婚式

結婚して25年目の銀婚式と、50年目の金婚式でも内祝いを贈ります。のし紙に、銀婚内祝い・金婚内祝いなどを記載しましょう。銀婚式や金婚式のお祝いには、夫婦ペアの焼き物などが喜ばれるので、ぜひ参考にしてくださいね。

還暦・長寿

還暦祝いと長寿のお祝いにも内祝いがあります。長寿のお祝いと言えば、古希祝いや米寿祝いがあります。古希は、数えで70歳、米寿は88歳という意味があります。のしには、そのまま古希祝い、米寿祝い、内祝いと書くのが常です。

その他に・・・

就職祝いや開業・開店祝い、地鎮祭の内祝いがあります。就職祝いの内祝いならお礼状と5千円程度をお返しします。また、地鎮祭の内祝いは、家を建てる職人さんなどに、お家を建てる時に挨拶を込めたお祝いのお返しです。表書きは上棟御祝などと記載しておけば問題ありません。

今後実践してみよう

以外と知られていない様々な内祝いはいかがでしたか?結婚したらこれから、このような行事が増えていくと思いますので、しかりと内祝いを渡し忘れないようにしましょう。

広告募集中