内祝いやお返しを贈る時に役立つ情報ご紹介

内祝いのプレゼントやお返しのあれこれ

ブーケ

結婚祝いで気をつけること

結婚祝いを贈る際に気をつけたいことをまとめてご紹介しています。また、結婚祝いの贈りもので人気の品物ランキングも合わせてご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいね。

READ MORE
内祝い

内祝いのあれこれ

内祝いについてご紹介しております。内祝いにも様々な種類があり、今後の行事ごとにしっかりと内祝いを贈れるとご自身の印象も良くなりますし、マナーとしても上出来ですので、ぜひご参考ください。

READ MORE
ウェディング

結婚祝いのお返しを「贈る相手別」にご紹介

結婚祝いのお返しをお相手の立場を別にして、どんなものを贈るのが喜ばれるのかをご紹介していきます。これから結婚をされる方は、結婚祝いのお返しを贈る際に、ぜひご活用くださいね。

READ MORE
プレゼント

結婚式で贈る両親へのプレゼント

結婚式の両親へのプレゼントなどをご紹介します。ご両親へのプレゼントも多種多様になっていますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

READ MORE

結婚祝いの内祝いにおける手順を知ろう

花

結婚内祝いの前に

諸事情により披露宴にご参加いただけなかった方から、結婚祝いをもらった時に、お返しに送る結婚内祝い。いつ頃に、受け取った金額からどのくらいのお返しすればよいのか、迷ってしまいますよね。まず、結婚のお祝いを直接受け取ったら、必ずお礼の言葉をその場で伝えましょう。郵送であれば、なるべく早くお礼状を出すようにしてください。お祝いを受け取ったら、相手のお名前・住所・頂いた金額をメモして、誰に内祝いを渡すのかきちんとリストを作りましょう。リスト化することで、内祝いの手配が順調に進みます。贈り忘れのないようにしっかりと対応しましょう。

結婚内祝いを贈る

結婚の内祝いは、だいたい結婚式から1ヶ月以内にお渡しするのが礼儀です。もし、結婚式をしていない場合は、入籍した日から1ヶ月以内に内祝いをお渡しするとよいです。正式な結婚の内祝いは、先方へ夫婦揃って出向き、内祝いを持って、お礼の言葉と一緒にお渡しします。しかし、都合がつかない場合は、ギフト専門店などを使用して配送しても大丈夫です。その際は、必ずお礼状を添えて送りましょう。もし渡すのが遅くなってしまったら、お詫びの言葉を添えるか、郵送の場合は手書きのおわび状も一緒に送るようにすれば、誠意が伝わります。

金額の目安

内祝いの金額の目安は「半返し」と言って、頂いた金額の半額を返すのが常です。しかし、目下の方からお祝いを頂いたのであれば、頂いた金額の8割から同額をお返しするのが、目上の方のマナーと言われています。高額のお祝いを頂いた場合は、半返しをすると先方に気を遣わせてしまうので、お返しは3分1の金額にしましょう。そして感謝の気持ちをしっかりとお伝えすることが大事です。連名で頂いた時は、お祝い金を人数で割って、その金額の半分程度のものを、各々個別で贈るのが一般的です。

品物

お祝いの品物は、海外のブランド食器や有名なお菓子、上質なタオルなど、自分ではあまり買わないけど贈られると嬉しいものが喜ばれます。また、お返しに見合う時は、引き出物と同じものでも構いません。

[PR]

結婚祝いなら通販サイトで選ぼう
人気商品の厳選まとめ

結婚内祝いにグルメギフトを贈ろう
人気商品を一挙特集

[PR]

広告募集中